ニュース

鷹・期待の若手が紅白戦でアピール! リチャードが一発含む2安打&スチュワートは2回3K

無断転載禁止
ソフトバンク・リチャード

スチュワートは最速153キロの直球披露


 ソフトバンクは20日、紅白戦を実施し、登録名を変更した育成3年目のリチャード選手(20)が2打数2安打1本塁打と活躍した。


 白組の「10番・三塁手」として先発したリチャードは3回の第1打席で紅組の2番手としてマウンドに上がった高橋純平投手と対戦。2-0と打者優位のカウントから投じられたストレートをとらえると、打球はレフトスタンドに飛び込む2ランに。5回の第2打席では、同じ育成の右腕・重田倫明投手からセンターオーバーの二塁打を放った。

 また、白組の2番手として登板したのが、全米ドラフトで1巡目指名を受けたことでも話題となったカーター・スチュワート・ジュニア投手(20)。キャンプA組の主力相手にどのような投球を披露するのか注目を集めたが、150キロ台の直球とカーブを中心に、2回を投げて3奪三振とアピール。打者8人と対峙して被安打1、与四球1、無失点ながら、四球で出塁した今宮健太に悠々セーフとなる盗塁を許すなど、課題も散見された。

 紅白戦には、育成の左腕・岡本直也(23)や同右腕の重田倫明(23)、ルーキーの津森宥紀(22)といった若手投手も登板し、いずれも無失点に抑えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西