ニュース

オリックスが2年目右腕・漆原を支配下登録 昨季ファームで最多セーブ

2018年の育成ドラフト1位


 オリックスは20日、育成選手だった漆原大晟投手(23)を2020年シーズンから支配下登録することを発表した。背番号は「127」から「65」に変更となる。

 漆原は新潟明訓高から新潟医療福祉大を経て、2018年の育成ドラフト1位でプロ入りした右腕。昨季は“育成ルーキー”ながらファームでクローザーを任され、両リーグ最多の23セーブを記録。今春キャンプでも一軍スタートを勝ち取りアピールを続けていた。

 プロ入り2年目のシーズン開幕を前に掴んだ2ケタ番号。漆原は球団を通じて「一試合でも多く一軍のマウンドに立って、すこしでもチームの役に立てるように頑張ります」と意気込みを語っている。

▼ 漆原大晟・プロフィール
投  打:右投左打
身長体重:182センチ・85キロ
生年月日:1996年9月10日(23歳)
経  歴:新潟明訓高-新潟医療福祉大-オリックス(18育D1位~20年支配下~)

[2019年ファーム成績]
39試(38回1/3)1勝0敗23セーブ 防3.52
奪三振38 WHIP1.20
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西