ニュース 2020.03.06. 10:00

3年連続GG賞に期待 阪神・梅野「チームが優勝して連続で…」

無断転載禁止
阪神・梅野隆太郎
 2月28日に放送された『ザ・フォーカス フライデースペシャル』の『守りの名手』というコーナーに、阪神の梅野隆太郎が出演し、守備について語った。

 梅野は18年から2年連続でゴールデングラブ賞を受賞し、昨季は捕手ではNPBのシーズン新記録となる123補殺を記録した。

 梅野はゴールデングラブ賞について「2年連続っていうところに関しては初年度、獲った時のひとつそれがあるからこそ、2年目は恥じないようにテーマに、連続して獲ることが大事だと思って試合にも出た。盗塁阻止、守備率だったり、いろんなところを気にするようになった。そういうプレッシャーもありながら、2年連続ゴールデングラブ賞を獲ったので、3年目というのはチームが優勝して連続で獲れるようにというのをテーマに掲げてやっていきたいなと思います」と意気込んだ。

 また、補殺の記録についても「近づいていって知った記録。バント処理などは、自分で取りに行くというのを常に心がけていた。どんな範囲でも前にとって、少しでもピッチャーを助けてあげる。積み重ねてきたものが結果になったので、狙ってできるものではない。出続けることもひとつ必要なこと」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM