ニュース

阪神・藤浪が「PCR検査」受診へ…数日前から「においを感じない」異変

無断転載禁止
阪神・藤浪晋太郎

チーム関係者は一軍・ファームとも自宅待機に


 阪神は26日、所属する藤浪晋太郎投手(25)が近日中にPCR検査を受けることを発表した。


 藤浪は数日前から「匂いを感じない」という嗅覚異常を訴えていたとのことで、24日に兵庫県内の病院(耳鼻科及び内科)を受診。さらに25日にも別の兵庫県内の病院を受診したところ、ドクターの判断でPCR検査を受けることが決まったという。

 今や毎日のようにニュースやワイドショーで耳にする「PCR検査」は、新型コロナウイルスの診断方法として最も代表的なもの。一般的には発熱やそれに伴う身体の倦怠感、痰を伴わない咳(空ぜき)などが代表的な兆候として挙げられているが、世界的に感染が拡がるにつれて「味やにおいを感じなくなる」という新たなキーワードも浮上。

 先日、NBAで最初の感染確認者となったユタ・ジャズのルディ・ゴベア選手も、自身のTwitterで「情報提供」と呼びかけ、「味覚と嗅覚を失うことは間違いなく兆候のひとつ」と発信している。


 なお、陽性反応が判明した状況ではないが、「これから開幕に向けて調整を行う大切な時期である」ということや、「全国的に感染拡大防止に全力を挙げている現況」などを鑑み、チームはこの日予定されていたファーム練習試合(vs.ソフトバンク)を急遽中止に。

 チーム関係者は一軍・ファームとも自宅待機とし、本日中に関係施設の消毒作業を行うという。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西