ニュース

オリックス・榊原が7回無失点の好投! 中日はドラ1石川が快音&盗塁も完封負け

無断転載禁止
オリックス・榊原翼(C)KYODO NEWS IMAGES
● 中日 0 - 1 オリックス ○
<3月26日・ナゴヤ球場>





 オリックスが終盤に挙げた1点を守りきり勝利。先発の榊原翼は7回を投げて4安打、無四球、無失点の好投で、先発ローテ入りへアピールした。

 オリックス打線は相手先発・勝野昌慶の前に5回まで散発3安打に抑え込まれるも、7回に3番手の育成左腕・浜田智博を攻め立て、二死一・三塁から7番・山足達也が中前へ決勝の適時打。これが唯一の得点となった。

 投げては先発の榊原が若手の並ぶ中日打線を相手にテンポよくゼロ行進。エラー絡みで迎えた序盤のピンチも切り抜け尻上がりに調子を上げると、4回からは12人連続で打ち取る快投でゲームメイクした。8回は小林慶祐が三者凡退、9回は育成ルーキーの松山真之が走者を背負いながらもゼロで切り抜け、完封リレーで締めた。


 敗れた中日は5回無失点の先発・勝野昌慶に続いて、2番手の佐藤優、8回から繋いだ濱田達郎、マルクも無失点と好投を見せたが、打線が5安打無得点に終わり、3月14日・ソフトバンク戦以来の完封負け。

 前日にナゴヤドームで“一軍デビュー”を果たしたドラフト1位ルーキーの石川昂弥は「4番・三塁」でフル出場。4回に榊原の速球を中前へ弾き返し、直後に盗塁を決めるなど3打数1安打1四球で存在感を示したが、両脇を固める3番・根尾昂(左翼)と5番・石垣雅海(遊撃)がともに4打数0安打と元気無し。高卒3年目の伊藤康祐が「2番・右翼」でマルチ安打と気を吐いた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西