ニュース

阪神から3名に新型コロナウイルス陽性判定…藤浪のほか、伊藤隼と長坂も

無断転載禁止
阪神・藤浪晋太郎 (C) Kyodo News

プロ野球界から初の感染確認


 阪神は27日、所属する3選手が26日にPCR検査を受けたことを発表。その結果、藤浪晋太郎投手(25)・伊藤隼太選手(30)・長坂拳弥選手(25)の3名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。


 球団は26日、藤浪が数日前から「匂いを感じない」という嗅覚異常を訴えていたことを明かし、PCR検査を受けることを発表していた。なお、その時に同様の症状を訴えている選手がいることも報じられていたが、選手名や人数については明かされておらず、検査を受けるかどうかも不明の状態だった。

 それから一夜明け、藤浪のほかに2名の選手がPCR検査を受けていたことを公表。3名全員が「新型コロナウイルス」と診断されたという。


 なお、こうなるとチーム内での感染拡大というところが気になるところだが、3名との濃厚接触者については「現在調査中」とのこと。その中で、「関係者及びそのご家族の安全を第一に考え、保健所と協力して調査を進めて参ります」とし、「選手等のチーム関係者につきましては、濃厚接触者か否かにかかわらず、昨日より自宅待機および経過観察としております」と現在の状況について明かした。

 揚塩健治球団社長も、球団を通じてコメントを発表。「感染拡大防止のために国民を上げて取り組んでいる最中、そしてプロ野球の公式戦開幕に向けて期待していただいているファンのみなさま方、関係者のみなさま方に、ご迷惑、ご心配をおかけしまして誠に申し訳ございません」と謝罪の意を述べ、「今後につきましては、保健所、地域アドバイザーの先生方、チームドクターのご協力を仰ぎながら、感染拡大防止に全力を尽くして参ります」と語った。


コメント


▼ 揚塩健治球団社長
昨日、藤浪選手、長坂選手、伊藤隼太選手の3名が
大阪府内の病院でPCR検査を受けました。
残念ながら陽性の判定が出ましたことをご報告します。

現在、感染拡大防止のために
国民を上げて取り組んでいる最中、
そしてプロ野球の公式戦開幕に向けて
期待していただいているファンのみなさま方、
関係者のみなさま方に、ご迷惑、ご心配をおかけしまして
誠に申し訳ございません。

今後につきましては、保健所、地域アドバイザーの先生方、
チームドクターのご協力を仰ぎながら、
感染拡大防止に全力を尽くして参ります。
重ねて、このような事態になりましたことを
大変重く受け止めております。


※今後について
・チーム及び球団職員は、昨日より実施している自宅待機を当面の間継続。
(経過観察と状況把握に努めながら、体調等に異変が出ればその都度迅速に対応していく)

・球団関連施設の消毒は、昨日全て完了。
(今後も必要が出てくれば都度実施する予定)

・これまでも取り組んでいた新型コロナウイルス感染症対策に「匂いや味を感じない等、嗅覚や味覚に異常を感じた場合、直ちに報告する」等の対応を追加。
(昨日中に監督、コーチ、選手、球団スタッフ全員に再度周知、徹底をはかっている)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西