ニュース

村上宗隆につづけ!各球団注目の「高卒3年目」プレイヤー【日本ハム 編】

無断転載禁止
日本ハム・清宮幸太郎

日本ハムの「高卒3年目」選手


 昨秋のドラフト会議では、“令和の怪物”こと佐々木朗希(大船渡高→ロッテ)に最多の4球団が競合。そのなかで奥川恭伸(星稜高→ヤクルト)と石川昂弥(東邦高→中日)にも3球団が競合し、森敬斗(桐蔭学園高→DeNA)も1位で指名を受けるなど、高校生の逸材が大きな注目を浴びた。

 思い返して見ると、その1年前には、甲子園春夏連覇の立役者となった大阪桐蔭の根尾昂(現中日)と藤原恭大(現ロッテ)のコンビが複数球団から1位指名を受け、さらに報徳学園の大型内野手・小園海斗(現広島)にも根尾と同じ最多タイの4球団が競合。このように、毎年登場するゴールデンルーキーたちにファンの注目は移っていく。


 そんな中、今回取り上げたいのが、さらに“もう1年前”のドラフト会議で指名を受けた高卒選手たち。高校通算111本塁打という看板を引っ提げ、早実・清宮幸太郎が7球団から1位指名を受けたことでも印象深いこの年だが、プロ入り後の2年で最も飛躍した選手と言えば、ヤクルトの村上宗隆だろう。

 プロ2年目の昨季、レギュラーに定着して全試合出場を果たすと、36本塁打・96打点を叩き出す大暴れ。阪神・近本光司との激しい争いを制し、新人王にも選出された。

 飛躍を遂げた同世代に追いつけ、追い越せ──。清宮や安田尚憲といった“ドラ1”組はもちろんのこと、下位指名にも楽しみな存在が多くひしめく1999~2000年生まれの選手たち。今回は日本ハムの「高卒3年目選手」の現在地を見ていきたい。


7球団が競合した怪物


 2017年のドラフト時、この世代の目玉だった選手と言えば、清宮幸太郎で間違いない。ロッテ・ヤクルト・日本ハム・巨人・楽天・阪神・ソフトバンクの7球団が最初の入札で手を挙げ、「7球団競合」は1995年の福留孝介に並ぶ高校生史上最多の記録である。


 1年目は開幕直前に腹膜炎で緊急入院したこともあって開幕は出遅れたものの、復帰後はファームでアピールを続けて5月には一軍昇格。53試合に出場して打率は.200も、7本塁打を放った。

 プロ2年目の昨季も、開幕直前に右手の有鉤骨を骨折して大きく出遅れ。前年を上回る81試合の出場を記録したが、ケガの影響もあってか打撃で成長を見せることはできず。打率は.204、本塁打は前年と同じ7本という結果に終わっている。


 オフには右肘の手術を受けるなど、振り返ってみると一軍出場こそ重ねているものの、プロ入りから度々アクシデントに悩まされてきた大砲候補。その間に同世代では村上宗隆という左のスラッガーが大ブレイク。世代の先頭を走ってきた男にとって、悔しさの大きな2年間となったことだろう。

 オープン戦では途中出場がメインで4試合に出場、その中で打率.333という結果を残した。今季こそ健康な体でシーズンを戦い、7球団が競合した“怪物スラッガー”としての意地を見せることができるだろうか。


一軍定着に期待がかかる投手陣


 その他の高卒3年目選手というと、田中瑛斗と北浦竜次、投手の2名はともにプロ2年目までに一軍デビューを果たしている。


 柳ヶ浦高からドラフト3位で入団した田中は、昨季ファームでローテーションに入って18試合に先発。0勝11敗、防御率5.85と未勝利に終わったものの、シーズン終盤には一軍のマウンドも経験した。

 オフには、プレミア12に挑む直前の侍ジャパンとの練習試合で先発。日本を代表する選手たちを相手に、3回を投げて被安打2、3奪三振で無失点の好投。白星から遠ざかったシーズンではあったが、多くの経験を積んでいるだけに、プロ3年目にかかる期待は大きい。


 白鴎大足利高からドラフト5位で入団した北浦は、ルーキーイヤーの2018年に一軍で1試合に登板。昨季は6試合に登板、うち3試合が先発で、7月27日の西武戦では嬉しいプロ初勝利をマークしている。

 今春はキャンプで臀部化膿を患い、調整が大きく遅れてしまった。その分、シーズンの開幕が延期となったことは、出遅れた左腕にとっては追い風となることだろう。今季は一軍でローテーション定着を目指す。


日本ハムの“高卒3年目”選手


<投手>
田中瑛斗(3位/柳ヶ浦高)
北浦竜次(5位/白鴎大足利高)

<内野手>
清宮幸太郎(1位/早実高)
難波侑平(4位/創志学園高)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西