ニュース

攝津、内川、本多、松田、柳田…2010年代ベストナイン【ソフトバンク編】

無断転載禁止
2019年、巨人との日本シリーズを制したソフトバンクナイン

リーグ優勝5度、日本一6度の黄金期


 新型コロナウイルスの感染拡大で未だ幕を開けない2020年シーズン。そこで今一度2010年代を振り返り、各球団のベストナインを選出する。今回は2010年以降、3連覇含む6度の日本一を達成したソフトバンク編。

 投手は先発、中継ぎ、抑えの3ポジションに分類。先発は2012年から5年連続開幕投手の攝津正、途中メジャーへ挑戦した和田毅、現エース・千賀滉大の3投手で悩んだ末、2010年代の2ケタ勝利回数が最も多く(攝津5回、千賀4回、和田3回)、2012年には沢村賞にも輝いている攝津を選んだ。

 中継ぎは森唯斗。2018年はセーブ王に輝くなど近年は抑えとして活躍しているが、入団1年目の2014年以降、計4シーズンで83ホールドをマーク。2010年に最優秀中継ぎ投手賞を獲得したブライアン・ファルケンボーグと悩んだが、1年目から安定して1シーズン平均約59試合に登板している森を選んだ。抑えは“キング・オブ・クローザー”の異名を持つデニス・サファテ。2015年から3年連続でセーブ王に輝き、2017年にマークしたシーズン54セーブはプロ野球記録だ。

 捕手は2017年から正妻に定着した甲斐拓也。“甲斐キャノン”の異名を持つ強肩を武器に、同年から3年連続でゴールデングラブ賞を受賞。広島の足攻めを封じた2018年の日本シリーズではMVPに輝いた。一塁は2011年にFA加入し、同年にいきなり首位打者、リーグMVP、交流戦MVPに輝いた内川聖一。日本シリーズMVPも1度、クライマックスシリーズMVPは3度と、大舞台での勝負強さが光る。

 二塁は本多雄一。俊足巧打と堅実な守備を武器に、2010年から2年連続盗塁王、2011年からは2年連続でゴールデングラブ賞に輝いた。三塁は松田宣浩。2010年以降は故障離脱が減り、2015年以降は5年連続全試合出場。この10年で239本塁打、764打点と打線の中軸を担い、守っては三塁手として史上最多の通算8度のゴールデングラブ賞を獲得した。遊撃は今宮健太。2011年まで正遊撃手を務め、2017年に復帰した川崎宗則と悩んだが、川崎のメジャー挑戦後にしっかりとその穴を埋め、2度のベストナイン、5度のゴールデングラブ賞を獲得した今宮を選出した。

 外野の1人目は柳田悠岐。豪快なフルスイングを武器にスター選手へと成長を遂げ、2度の首位打者、4年連続最高出塁率賞など数多くのタイトルを獲得。2015年には初となるリーグMVPに輝いた。2人目は中村晃。2013年にレギュラーに定着し、2014年には最多安打のタイトルを獲得。一塁も守れる利便性と通算出塁率.375の選球眼を武器に、常勝軍団をしっかりと支えている。

 外野手の3人目は長谷川勇也。近年はスタメンでの出場機会こそ減っているが、一目置かれる打撃センスは健在。2013年は首位打者と最多安打のタイトルを両獲りするなど、2010年代前半の秋山体制を牽引した。指名打者は2017年に入団したアルフレド・デスパイネ。加入1年目に本塁打王と打点王に輝くなど、日本シリーズ3連覇に大きく貢献した。

 ソフトバンクの2010年代ベストナインは以下の通り。

【投手】
先発:攝津正
中継ぎ:森唯斗
抑え:デニス・サファテ

【野手】
捕手:甲斐拓也
一塁:内川聖一
二塁:本多雄一
三塁:松田宣浩
遊撃:今宮健太
外野:長谷川勇也
外野:柳田悠岐
外野:中村晃
指名打者:アルフレド・デスパイネ
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西