ニュース

DeNA・倉本、ユニホームを着ての練習に「気持ちも前向きになります」

無断転載禁止
ユニホームを着て練習を行ったDeNA・倉本寿彦[提供=横浜DeNAベイスターズ]
 DeNAの倉本寿彦が20日、一軍練習に参加し、キャッチボール、投内連携、内外野別ノック、バッティングなどで汗を流した。

 倉本は球団を通じて「やはりユニフォームを着てグラウンドでプレーできることは気持ちも前向きになりますし、さらに気持ちが引き締まります」とコメントし、「これから本格的な実戦練習も始まると思いますが、トレーニング量を落とさず、ケガには十分気を付けながらケアを充実していきたいです」と意気込んだ。

 今の体の状態やコンディションについては「練習環境は変わりましたが、スムーズに対応することはできています。コンディションも体調も問題ありません」とのことだ。

 また、6月中旬から下旬にかけて開幕を目指しているとの報道が出ているが、これについては「これから開幕に向けて、より緊張感も高まり実戦も増えてくると思いますが、しっかりと準備をして、レベルアップした状態で開幕を迎えたいです」と明かした。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自宅で過ごす時間が長くなっている。自宅での過ごし方に変化や新しく取り入れたことについては「特に変化はありません。栄養バランスをしっかりと考えて食事をするように心掛けています」とのことだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM