ニュース

12球団で唯一「公表」なかったDeNA 開幕投手の最有力はやっぱり…

無断転載禁止
DeNA・今永昇太

球春は突然に──


 「新型コロナウイルス」の問題により、シーズン開幕の見合わせ状態が続いているプロ野球界。依然として具体的な開幕日については公表されていないものの、トンネルの出口は着実に近づきつつある。

 感染拡大のペースも徐々に緩やかとなり、緊急事態宣言の解除も全国的に進んでいるなか、日本プロ野球の各球団は22日の12球団代表者会議を経て、改めて「6月中旬以降の開幕を目指す」という指針を確認。NPBの斉藤惇コミッショナーも、具体的な日程については「緊急事態宣言の解除が最低限の条件」としつつ、「解除されれば、できるだけ早い段階でスケジュール等々を皆さま方にお知らせできるのではないかと思っております」と、今後の進展に期待を寄せた。


 「6月中旬以降」という言葉を素直に信じるとすると、もうすでに開幕まで1カ月を切っている可能性もある。ふだんのカレンダーに置き換えれば、各球団が段々とキャンプ地から離れ、日本のいたるところでオープン戦が本格化してくる3月の頭くらいになるだろうか…。

 いよいよ近づきつつある開幕の日に向けて、ここでは各球団の「開幕投手」に再び注目。監督が発表していた、もしくは開幕投手に内定したことが何らかの形で報じられた投手の“ここまで”を振り返ってみたい。

 今回は、優勝する巨人に最後まで食らいついて2位に入ったDeNAを取り上げる。


常に"開幕"を見据えて計算


 DeNAは12球団で唯一、開幕投手の発表や内定の報道がなかったチーム。アレックス・ラミレス監督が19日のオンライン取材に登場した際にも、開幕投手やローテーションについての明言は避けており、あくまでも「今後の実戦を見て」という方針のようだ。そんな中、開幕投手争いのポールポジションにいるのは、左腕の今永昇太だろう。

 昨年、自身初の開幕投手を務めた男は、キャリアハイを更新する13勝(7敗)をマーク。防御率2.91と186奪三振も自己最高の成績だった。前年の2018年は4勝11敗、防御率6.80と不振を極め、一時は先発の座から外れたこともあっただけに、見事な復活劇でチームの2位躍進に貢献している。


 押しも押されもせぬ大黒柱として活躍が期待される今季も、オープン戦では3試合・13イニングを投げて防御率2.77と上々の成績。開幕延期の期間も「身体を内側から見直す時間ができた」とプラスに捉えて調整を続けている。

 7日にオンライン取材に登場した際には「身体のキレがまだでてきてない」と語っていたものの、「6月後半に開幕できるとしたら、今は開幕約1カ月半前。自主トレ最後の期間でキャンプに入る直前」と、自ら開幕をイメージしながら、逆算しながら準備を行っていることを明かしていた。きっと開幕日が定まってくるころには、しっかりと仕上げてくることだろう。


 伝統的に開幕戦の成績が良くなかったチームの中、昨年の初登板でしっかりと勝利を挙げている今永。今季も白星を挙げて悲願の優勝へとチームを引っ張っていくことができるか、ここからの約1カ月から目が離せない。


▼ DeNA・ここ10シーズンの開幕投手

2010年(●)ランドルフ[16試 2勝 9敗 防4.25]
2011年(-)山本省吾[21試 2勝11敗 防5.92]
2012年(-)高崎健太郎[24試 7勝10敗 防3.20]
2013年(-)藤井秀悟[21試 6勝 5敗 防3.54]
2014年(●)三嶋一輝[ 8試 1勝 2敗 防10.88]
2015年(●)久保康友[21試 8勝 7敗 防4.12]
2016年(○)井納翔一[23試 7勝11敗 防3.50]
2017年(●)石田健大[18試 6勝 6敗 防3.40]
2018年(●)石田健大[23試 3勝 7敗 防4.97]
2019年(○)今永昇太[25試 13勝 7敗 防2.91]

2020年(予想)今永昇太【2年連続2度目】


今永昇太



ポジション:投手
投打:左投左打
身長/体重:178センチ/85キロ
生年月日:1993年9月1日
経歴:北筑高-駒大-DeNA
[昨季成績] 25試(170.0回) 13勝7敗 奪三186 防2.91
[通算成績] 94試(538.0回) 36勝34敗 奪三542 防3.55

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西