ニュース 2020.06.20. 22:55

オリックスが16残塁で連敗も…期待の左腕・田嶋に目処「テンポ良く投げられた」

無断転載禁止
オリックス・田嶋大樹

チームは今日も「あと1本」に泣く


 オリックスは20日、延長戦の末に1-2で楽天に敗戦。パ・リーグ唯一の開幕2連敗となったが、先発の3年目左腕・田嶋大樹が好投。オープン戦や練習試合では不安を残す投球内容だったが、「しっかり準備する時間があって、いろんな課題を克服する時間もあって、いい時間にできた」という言葉通り、今回の延期をプラスに変えてみせた。

 田嶋は3回まで1安打の無失点ピッチングだったが、1点リードで迎えた4回に、たった2球で1点を失ってしまう。先頭のブラッシュに二塁打を、続く島内宏明に右安打を許し、試合は振り出しに。失点は4回の1点にとどめたものの、5回77球、3安打、3四球という内容で降板した。


 「調子自体は良かった」という田嶋は「最低限ゲームを作ることはできたと思う。失点の場面、簡単に打たれたところは反省しないといけないが、全体的にはテンポよく投げることができていた」と振り返り、手ごたえも口にした。

 試合は、新助っ人のロドリゲスとジョーンズに来日初安打が生まれるなど、毎回のように走者を出したが、今年も「あと1本」が出ずに16残塁。「1-2」というロースコアゲームながら、ゲームセットまでに4時間18分を要したことが、すべてを物語っている。

 試合後、西村徳文監督は「あれだけチャンスがあったわけですから」「チャンスはあったと思うんですけどね」「これだけチャンスを作ってるわけだから」と、同じような発言を繰り返し、この日の試合内容を悔やんでいた。

 チームにとっての明るい兆しは、前日の山岡泰輔に続いて、田嶋にも目処がついたこと。21日は山本由伸がチーム初勝利に向けてマウンドに上がる。昨季、味方のムエンゴに泣いた右腕を、今年は打線が援護したいところだ。


文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西