ニュース 2020.06.22. 06:30

150キロ台連発! オリックス“神童”ヨシノブの快投劇で初勝利「最高の立ち上がり」

無断転載禁止
オリックス・山本由伸
2020.06.21 13:00
オリックス・バファローズ 4 終了 0 東北楽天ゴールデンイーグルス
京セラD大阪

ストレートで楽天打線を圧倒


 連敗中だったオリックスの3戦目を託されたダブルエースの一角、山本由伸が指揮官の期待に一発快投した。

 「オープン戦で点を取られていたので、いつも以上に気をつけて」臨んだ立ち上がり、先頭の茂木栄五郎を全球ストレートで3球三振に仕留めると、最速155キロの直球を含め、150キロ台を連発。三者連続三振という「最高の立ち上がり」を見せた。


 首脳陣は「最低でも勝ち越し、願わくば3連勝」という思いから、開幕3連戦に山岡泰輔と山本由伸のダブルエースを投入したが、打線と中継ぎが踏ん張れずに2連敗。そんな負の流れの中で、初回から楽天打線を寄せ付けない圧巻の三者連続三振。これには無観客の京セラD大阪も騒ついた。

 その裏、ここ2戦沈黙していた打線が先制点を奪うと、その後は「とにかくその点を守ろうと思って投げた」という山本が、「手ごたえがあった」と振り返ったストレートで楽天打線を圧倒。8回までで94球、無四球3安打の無失点、10奪三振という内容で、“神童”の異名に相応しい快投を見せた。


 これには西村徳文監督も「初回からかなり飛ばしてるのは見えた。素晴らしいピッチング」と賛辞を送り、完投させなかったことについては「本人とは話をし、球数のところを考え、きょうは100球以内で終わらせようと思ったので代えました」と説明した。

 その成長ぶりに指揮官は目を細め、「初回の投げっぷりを見て、皆がヨッシャという気持ちになったと思う。最初から飛ばし過ぎじゃないかと思うぐらい力入れていた。キャンプから見ていて、相当な責任感を持ってくれているのは感じている」とコメント。エースへの信頼度は増すばかりだ。

 弱冠21歳の右腕も「もっともっと良いピッチングができるように、来週に向けて良い準備をしていきたい」と、さらなる高みを見据える。“神童”ヨシノブの2020年シーズン開幕は、チームの初勝利と共に訪れた。


文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西