ニュース

「ファン」と「OB」がつながる新しい野球観戦…『オンラインハマスタ』が盛況!

無断転載禁止

無観客試合でもファンに観戦を楽しんでほしい

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開催が延期されていたプロ野球が19日、約3カ月遅れで開幕。本拠地・横浜スタジアムに広島東洋カープを迎えた横浜DeNAベイスターズは、無観客試合での新しい野球観戦の試みとして『おうちで交流!OB解説つき!オンラインハマスタ Supported by 日本生命』を開催した。

 このオンラインイベントは無観客試合期間でもファンに野球観戦を最大限楽しんでほしいという球団と、日本生命保険相互会社が交流戦に代わってファンと選手が交流できる機会を作りたいという想いから実現した企画。

 球団初となるZoomを活用したオンラインでの試合観戦会に日替わりで横浜DeNAベイスターズOBが登場し、試合の解説はもちろんここでしか聞くことのできないトークショーなどでファンとOBが交流。参加したファンの中から複数名の様子が試合を行っている横浜スタジアムのメインビジョンにランダムで映し出され、無観客試合の中で奮闘をする選手たちにエールを送って交流するなど、オンラインならではの企画も開催された。



これまでなかった新しい観戦体験を満喫

 初日である19日は横浜DeNAベイスターズのOBである鈴木尚典氏と荒波翔氏が登場し、参加したファンとOBとがZoomを活用して、相互に交流しながらオンライン上で観戦。鈴木氏は「(オンライントークショーは)もちろんはじめてで緊張しましたが、いつもと違う方法で試合を味わえて楽しかったです。スタジアムグルメのベイカラなども美味しく、初めて食レポを体験しました。また違う企画があればぜひ参加したいです」と語り、荒波氏も「初めてのオンラインイベントでうまくいかないこともあったと思いますが、ファンの皆さんが身近に感じて、僕自身もこのイベントがとても楽しかったので、ファンの皆様もきっと楽しんでいただけたのではないかなと思います」と、ファンとの交流を楽しんだ。



 20日に登場した加賀繁氏は「ファンの方からご質問を沢山いただいたので、試合中継を見ながらできるだけ沢山コメントを返すようにしました。チャット機能で、ファンの方にこちらから呼びかけてみたりオンラインならではのコミュニケーションが取れるので、良いですね。ファンの方と一緒に応援しているような一体感を感じられて、すごく楽しかったです!」と話すと、小杉陽太氏は「すごく面白かったです!ファンの方から直接質問を受けて答えるなど、観戦しながらファンの方と交流する取り組みは今までになかったので、特に新鮮でした。久しぶりの青星寮カレーを食べながらファンの方と一緒に試合を見て盛り上がって、いい意味でラフにコミュニケーションが取れて楽しかったです」と喜んだ。



 劇的なサヨナラ勝利となった最終日に参加した森本稀哲氏は「今日はありがとうございました。初めてのトライだったので、見ている方が楽しんでもらえたかどうか心配でしたが、僕自身はやっててとても楽しかったです。そして、最後の花火とても感動しました! 無観客でもご自宅で見ているファンの方を楽しませたいという球団の姿勢はいいですね。ファンの方々がバックスクリーンにも映っているのもすごいです! 僕も途中からファンの方に紛れて映っていたら、Twitterで沢山の人に見つかってつぶやかれていました。(笑)チャットとかを活用した交流や見ている方しか感じられない(オンラインの)この空間はアットホームな感じがして、とても感動しました」と新しい観戦体験を満喫した。

 参加したファンからも、

「海外から観戦応援できるなんて涙です」
「参加してよかったです!開幕だけでなくまた企画してください!」
「すごくエキサイトしました。またオンラインハマスタ開幕戦以外にも是非お願いします」
「中継を一人でみているより、断然楽しかったです」
「日本生命さんもありがとうございます」
「素晴らしいコンテンツ、本当にありがとう、ベイスターズ!1,000円なんて申し訳ないです」
「無観客試合終わっても、スタジア観戦と併用で。この取り組みは続けてほしいです。多くのファンが関われますし」
「球場でその場の人たちとひとつになれるのも良いけど、オンラインで全国のファンとつながれるのも良い」
「オンラインハマスタ三日間みてたんだけどめっちゃおもしろかった。今後も是非やってほしいって感じ」


と継続を希望する人たちの声が次々に。従来の野球観戦にはない、「ファン」と「 OB 」がコミュニケーションを取りながら、選手たちにエールを送るという新しい野球観戦はファンの心をがっちりとつかんだようだ。

“withコロナ時代”の新しい観戦スタイルへ

 プロ野球セ・パ交流戦を2005年から支援し続けてきた日本生命は今回の取り組みについて、「日本生命セ・パ交流戦は中止となってしまいましたが、日本生命として、2020年度も引き続きプロ野球を応援したいという想いがあり、今回の協賛に至りました。Zoom観戦イベントへの協賛は、日本生命としても初の試みでしたが、参加者のコメントを見ると喜んでいただいた声が多く、野球を楽しみにしていた方々に対して野球観戦の機会を、広くご提供できたため非常によかったと思っております」と喜びを語り、「今後もプロ野球を応援する企画を実施していければと思います。楽しみにお待ちください」と、交流戦に代わる企画展開を続けていく意向を明かした。

 日本野球機構(NPB)は7月10日から入場人数に制限を設けた有観客試合を行う方針を示したとはいえ、ファンが満員のスタジアムで観戦できるまでの道のりは遠い。大盛況のうちに終わった『オンラインハマスタ』は、“withコロナ時代”の新しい観戦スタイルの先駆けとして大きな可能性を示したことは間違いないだろう。



■『おうちで交流! OB解説つき! オンラインハマスタ Supported by 日本生命』
開催概要


【協賛】:日本生命保険相互会社
【対象試合】6月19日(金)18時~ 対広島東洋カープ
      6月20日(土)14時~ 対広島東洋カープ
      6月21日(日)14時~ 対広島東洋カープ
【申込方法】Peatix
【参加費】1000円(税込)/1人※1試合につき1枚/1メールアドレス/1端末
【参加資格】どなたでもお申込み可能
【会場】: Zoom
【出演】: 6月19日(金) 鈴木尚典氏、荒波翔氏、MC TEDDY
    : 6月20日(土) 小杉陽太氏、加賀繁氏、MC TEDDY
    : 6月21日(日) 森本稀哲氏、MC TEDDY
【内容】
(1)試合中継の放映(協力:ニコニコ生放送)
横浜スタジアムで開催される6月19日(金)~6月21日(日)対広島東洋カープ戦のお申込みいただきました日の試合をお楽しみいただけます。
(2)MC TEDDYとOBによるオンライン解説&トークショー
スタジアムDJを務めるMC TEDDYとOBが登場し、解説やここでしか聞けないトークでオンラインイベントを盛り上げます。また、ファンの皆様からOBに直接ご質問いただけるコーナーも実施予定です。
(3)オンライン応援イベント
ランダムで選ばれた複数名の方の応援している様子を横浜スタジアムのメインビジョンに投影する試みを予定しております。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西