ニュース

楽天・涌井、7回2失点で新天地初勝利 同じ移籍組の鈴木&浅村が援護打

無断転載禁止
楽天・涌井秀章
2020.06.24 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 5 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
楽天生命パーク
○ 楽天 5 - 2 日本ハム ●
<2回戦・楽天生命パーク>

 ロッテから金銭トレードで楽天入りした涌井秀章投手(34)が24日、日本ハム2回戦(楽天生命パーク)で移籍後初登板初先発。先制を許しながらも7回2失点と好投し、移籍後初登板で初白星を手にした。

 初回はテンポ良く3者凡退で終えたが、2回は先頭の4番・中田に先制ソロを浴びると、3回は二死から1番・西川、2番・大田に連打を浴び2点目を失った。

 それでも、中盤以降は安定した投球でゲームメイク。すると2点を追う5回裏、楽天打線は涌井と同じくロッテから移籍してきた3番・鈴木の中前適時打で1点差に迫ると、涌井とは西武時代もチームメイトだった4番・浅村が、試合をひっくり返す2号3ランを右翼席へ運んだ。

 勝利投手の権利を得た涌井は6回以降も安定。7回104球、4安打2失点、5奪三振1四球の好投でマウンドを降りた。8回以降はブセニッツ、森原のリレーで逃げ切り勝ち。涌井は今季初勝利、森原はプロ初セーブを記録した。

 打線は2点リードの8回、8番・太田の適時二塁打で貴重な5点目。楽天は日本ハムに連勝し、これで開幕から4勝1敗とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西