ニュース

オリックス・田嶋がロッテ打線相手に快投!連敗ストップへ7回途中まで3安打1失点

無断転載禁止
オリックス・田嶋大樹
2020.06.27 14:00
千葉ロッテマリーンズ 2 終了 1 オリックス・バファローズ
ZOZOマリン
ロッテ - オリックス
<5回戦・ZOZOマリン>


 オリックスの田嶋大樹投手は27日、敵地で行われているロッテ戦に先発登板し、7回二死までわずか3安打、1失点と好投。息詰まる投手戦で相手にリードを許さず、先発の役割を全うした。

 1点リードの初回、いきなり1番・荻野貴司に右翼線二塁打を許すも、直後に三盗を仕掛けようと飛び出した荻野を挟殺プレーに持ち込む。しかし、三塁・中川と遊撃・廣澤の呼吸が合わず結果的に三進。「エラー」は記録されなかったものの、味方の拙守で残した走者を内野ゴロの間に還し、同点とされてしまう。

 それでも、2回以降は130キロ台後半の速球を中心に、丁寧にコースを突くピッチングでゼロ行進。6連勝と勢いに乗るロッテ打線を手玉にとり、6回2/3(99球)を投げて、散発3安打、7奪三振、無四球で1失点と好投した。

 味方打線は初回に中川圭太の先頭打者ホームランで先制するも、2回以降は相手先発・種市篤暉の前に沈黙。1-1の同点で迎えた7回、イニングの先頭のT-岡田が四球で出塁するも、ロドリゲス、松井、廣澤が策なく三者連続三振。均衡を破れないまま最終盤を迎えている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西