ニュース

山本由伸も打った!勢い止まらんロッテが逆転勝ちで連勝を8に伸ばす

無断転載禁止
ロッテのレアード (C) Kyodo News
2020.06.28 14:00
千葉ロッテマリーンズ 6 終了 5 オリックス・バファローズ
ZOZOマリン
○ ロッテ 6 - 5 オリックス ●
<6回戦・ZOZOマリン>





 開幕2戦目のソフトバンク戦から連勝を続けているロッテは28日、本拠地・ZOZOマリンスタジアムでオリックス相手に6-5で逆転勝利。難敵・山本由伸を攻略し、連勝を「8」へと伸ばした。


 この日は先発の美馬学が立ち上がりに不安定な面を見せ、T-岡田の2ランなどで3失点。昨季の最優秀防御率右腕と相対する前に、3点という重いビハインドを背負ってのスタートとなってしまう。

 それでも、2回に先頭のブランドン・レアードが安打で出ると、レオニス・マーティンの痛烈な打球は一塁手・T-岡田のグラブを弾き、記録は失策で無死二・三塁という大チャンス。そこから一死満塁とし、8番の田村龍弘がしぶとくセンター前に運ぶ2点適時打。2-3と1点差に迫る。

 つづく3回には先頭の荻野貴司が二塁打でチャンスメイクすると、清田育宏の内野ゴロの間に得点を挙げて同点。4回には二死走者なしから井上晴哉と田村が連続で四球をもぎ取り、藤岡裕大が期待に応える適時打。前半のうちに試合をひっくり返した。


 しかし、6回にも田村がこの日2本目となる適時打を放って5-3とリードを拡げたものの、8回に美馬からバトンを受けた小野郁がピンチを招くと、T-岡田に適時打を許して失点。なおも一死一・三塁のピンチで井口資仁監督は東條大樹を投入するも、アデルリン・ロドリゲスに適時打を浴びて同点。5-5、終盤で試合が振り出しに戻る。

 押せ押せムードが止まり、相手に流れが行きかけたところで、空気を変えたのが頼れる主砲の一打。8回裏、先頭のレアードが増井浩俊の甘く入った変化球を完ぺきに捕らえ、左中間スタンドまで運ぶ値千金の5号ソロ。ひと振りでロッテが勝ち越しに成功した。


 その後、9回は連投中だったストッパーの益田直也に変わり、新加入のジェイ・ジャクソンが登場。1点のリードを危なげなく守り、6-5でロッテの勝利。初回0-3スタートから逆転、追いつかれながらも突き放す強い野球で、ロッテが連勝を「8」に伸ばした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西