ニュース

ヤクルトが9回一挙4得点! 竜のクローザー攻略し逆転勝ち

無断転載禁止
ヤクルト・山崎
2020.07.09 18:00
中日ドラゴンズ 6 終了 8 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
● 中日 6 - 8 ヤクルト ○
<6回戦・ナゴヤドーム>

 3位のヤクルトが相手守護神の岡田俊哉を打ち崩し逆転勝ち。このカードを2勝1分けで勝ち越し、今季の貯金「2」。同日の試合で敗れた首位・巨人までゲーム差「1.5」に迫った。

 ヤクルトは1点リードの8回、4番手のスコット・マクガフが“竜の新星”アリエル・マルティネスに代打同点適時打を許し、さらに押し出しで2失点。3試合連続失点の救援失敗で試合をひっくり返されたが、土壇場の9回に打線がつながった。

 1点を追う9回、一死から代打・青木宣親があわや本塁打の右中間二塁打でチャンスメークすると、四球と申告敬遠で一死満塁。絶好のチャンスで、この日青木に代わって3番起用されていた山崎晃大朗が値千金の左前逆転打。さらに、4番・村上宗隆も左中間を破る2点打を放ち、この回一挙4得点を挙げて試合をひっくり返した。

 最終回は抑えの石山泰稚が1点を失いながら、なんとかリードを守りきり今季3セーブ目(1勝1敗)。今季初先発の高橋奎二は、勝ち星こそつかなかったものの、5回(100球)を投じて9奪三振2失点のピッチング。結果的に高橋の勝ち星を消す格好となったマクガフが、今季初勝利を手にしている。

 打線では打撃好調の1番・坂口智隆が2安打2四球で2得点を記録し、不調の2番・山田哲人も1安打3四球で4得点と上位打線が機能。3番・山崎と4番・村上で計7打点を稼いだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西