ニュース

真中氏が挙げた巨人の“心配”なところとは?

無断転載禁止
巨人・原監督 (C)Kyodo News
 13日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演したショウアップナイター解説者の真中満氏は、巨人について言及した。

 巨人は開幕4連勝と好スタートを切り首位を走っていたが、12日のヤクルト戦に敗れ2位に後退。5日の中日戦から現在4連敗中だ。また、甲子園で行われる予定だった7日、8日の阪神戦、ほっと神戸で行われる予定だった10日のヤクルト戦が雨天中止になるなど、思うように試合が消化できなかった。

 真中氏は「雨で流れて試合をやりたいと思う中で中止、試合をやれば負けるというところで、苦しいような状況」と話す。

 その中でも真中氏は「投手ですよね。中継ぎが心配ですね」と救援陣を不安要素に挙げた。「クローザーが今不在ですもんね。デラロサがいないので、沢村が後ろに回っていますし、それによって早いイニングなど、しわ寄せがきていますよね。序盤、接ったときの中継ぎが心配ですよね」。

 真中氏が話すように先発防御率が3.04に対し、救援防御率は4.18。守護神のデラロサが故障で離脱した中、救援陣を立て直す必要がありそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM