ニュース 2020.07.18. 07:30

2戦連発のオリックス・太田椋が手ごたえ「自分のポイントで打てている」

無断転載禁止
オリックス・太田椋 (C) Kyodo News
2020.07.17 18:00
オリックス・バファローズ 1 終了 9 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪

鷹のエース格から連日のホームラン


 オリックスの高卒2年目・太田椋が17日、連夜のホームランで存在感を示した。

 昇格即スタメン起用となった前日の試合、プロ初安打となるプロ初本塁打を、チームのとっての“難敵”バンデンハークから放った若武者について西村徳文監督は「本当に素晴らしいバッティング。あれで一気にチームが乗っていけた。こういう形で活躍したら、使うしかないんじゃないですかね」と賛辞を送り、継続起用を示唆していた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その言葉どおり、17日の試合にも「8番・サード」で起用すると、初回に先制を許して嫌なムードが漂うなか、3回に先頭打者として大きな拍手に迎えられながらバッターボックスへ。すると、ソフトバンクの開幕投手・東浜巨が投じたスライダーをドンピシャのタイミングでフルスイング。打ったと瞬間にそれと分かる打球が左翼席に吸い込まれた。

 2夜連続の同点ホームランにどよめく京セラドームだったが、先発の榊原が崩れ、得点も太田のホームランによる1点のみ。結局、試合には敗れたものの、若手の台頭はチームにとっての明るい話題とも言える。

 試合後、西村監督は「積極的にバットを出している。見事なホームラン」と、思い切りの良さを評価。太田も「きょうはとてもいい感触で、打った瞬間入るなと思いました。完璧です」と手ごたえを口にし、「良い状態をどれだけ維持できるかが大事」と今後の課題も口にした。

 また、自身の現状につては「今は当てにいくことなく、自分のポイントで打てている。間がとれていると感じていて、その自分の間に相手ピッチャーが合わせてくれるようなイメージで入れてる」と分析。さらに「調子が悪くなると当てにいきたい気持ちが強くなって、ピッチャーに合わせることが増えてしまう」と続け、状態の良さをアピールした。

 守備に関しては現在、本職のショートではなく、サードでの出場が続いているが、「打者は近いけどビビっていても仕方がない。ピッチャーにも近いので、声掛けなどは意識しています。慣れないポジションですが、思い切ってやるしかない」と語り、前を向いた。

 一軍昇格の報告を高校時代の恩師にした際には「思い切っていけ」と言われたとのこと。ここまでの思い切ったプレーの陰には、天理高校・中村良二監督のアドバイスがあるのかもしれない。

 最終回には手首にデッドポールを受けて心配されたが、「きょうは上手く避けられた。痛みとかは大丈夫」と問題はないことを強調。18日以降のゲームにも元気な姿を見せてくれそうだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西