ニュース 2020.07.18. 17:37

楽天、西武に逆転負けで2連敗…2被弾の塩見3敗目、打線は2回以降ゼロ行進

無断転載禁止
楽天・三木監督
2020.07.18 14:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 4 埼玉西武ライオンズ
楽天生命パーク
● 楽天 3 - 4 西武 ○
<4回戦・楽天生命パーク>

 逆転勝ちの西武は2連勝。敗れた楽天は連敗となり、19日まで続く同カードの対戦成績は2勝2敗のタイになった。

 楽天は初回、1番・茂木が3号先頭打者弾を右中間席へ。さらに5番・島内も2号2ランを右翼席へ運び幸先よく3点を先取した。2回以降は再三チャンスは作るものの、次の1点が奪えない展開。すると6回表、それまで好投していた先発・塩見が、西武の4番・山川に同点3ラン、6番・中村には決勝ソロを浴び3-4と逆転された。

 塩見は今季初勝利を挙げた9日のソフトバンク戦(PayPayドーム)に続き足立とのバッテリー。5回までテンポ良くアウトを重ねていたが、6回に2本の本塁打を浴びて逆転を許し、降板後「調子は良かったです。一番一発がダメな場面なのに。投げミスです」とコメントした。

 6回途中からシャギワ、酒居、牧田が無失点リレーを見せるも、打線は2回以降得点を奪えず逆転負け。塩見は6回途中9安打4失点で3敗目(1勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西