ニュース

西武、首位楽天に連勝し再び貯金「1」 山川&中村弾で逆転、松本初勝利

無断転載禁止
西武・松本航 (C) Kyodo News
2020.07.18 14:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 4 埼玉西武ライオンズ
楽天生命パーク
● 楽天 3 - 4 西武 ○
<4回戦・楽天生命パーク>

 西武が首位・楽天に逆転勝ち。2連勝で貯金を再び「1」とした。

 西武は3点を追う6回、楽天先発・塩見に対し先頭の2番・源田、続く外崎の連打で無死一、三塁の好機を作ると、4番・山川が初球の真っ直ぐをフルスイング。打球は左中間席へ着弾する同点3ランとなった。主砲にとっては前夜の左越えソロに続く今季8号。「打ったのは真っすぐです。打った瞬間にホームランになると思いましたね!」と会心の一撃を振り返った。さらに一死後、今度は6番・中村が3号ソロを左翼席へ。2本の本塁打で4-3と一気に逆転した。

 先発の松本は初回、1番・茂木に先頭打者弾、5番・島内には右越え2ランを浴びいきなり3失点。2回以降も走者を背負う苦しい投球が続いたが、何とか粘り5回6安打3失点でマウンドを降りた。

 右腕は降板後、「2回以降は気合いを入れ直すというか、打者に向かっていくという姿勢を出していけたと思います。ランナーを背負った場面でアウトを1つずつ取って粘ることができたのは良かったと思います」とコメント。打線が6回に逆転したため、うれしい今季初勝利(2敗)が転がり込んだ。

 投手陣は6回以降、平井、宮川、ギャレット、増田が無失点リレー。1点差の9回を3者凡退で締めた増田は7セーブ目(1勝)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西