ニュース

中日、首位G倒で連敗ストップ!代役4番のアリマル2号、石川昂が初タイムリー含む全打席出塁

無断転載禁止
中日・石川昂弥
2020.07.22 18:00
中日ドラゴンズ 5 終了 0 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
○ 中日 5 - 0 巨人 ●
<5回戦・ナゴヤドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日が7連勝と勢いに乗る首位巨人を止めて、連敗を「4」でストップ。先発の松葉貴大は6回4安打無失点の好投で、今季2勝目(0敗)を手にした。


 0-0の3回、一死からドラ1ルーキー・石川昂弥が四球で出塁すると、二死後に1番・井領雅貴が内野安打で繋ぎ、2番・大島洋平の右線適時打で先制。記念すべきルーキーのプロ初得点で先手を取る。

 4回には前日に死球を受けたビシエドの代役で「4番・一塁」に入ったアリエル・マルティネスが、相手先発・戸郷翔征のスライダーを左翼席中段へ放り込み加点。6番・京田陽太も右翼席へ2号ソロを叩き込み、3連勝中の戸郷を4回途中でノックアウトした。

 その後は追加点が奪えない展開が続いたが、7回に石川昂の右前打をキッカケに犠飛でリードを拡大すると、8回には石川昂があわや本塁打かという左翼フェンス直撃のプロ初適時打で初のマルチ安打。竜のゴールデンルーキーは2打数2安打2四死球の全打席出塁で2得点1打点の大活躍だった。

 投げては先発の松葉がスライダーにチェンジアップ、100キロ台のカーブも交えながら、首位を走る巨人打線を6回ゼロ封。終盤3イニングは祖父江大輔、福敬登、ライデル・マルティネスのリレーでゼロを刻み、松葉が前回登板に続く今季2勝目を手にした。

 連勝が「7」でストップした巨人は、先発・戸郷が3回2/3(84球)を投げて、2本塁打含む5安打、3四死球で3失点と振るわず今季初黒星。打線も散発4安打と元気なく完敗だった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西