ニュース 2020.07.24. 22:22

中日、逆転負けで今季ワースト借金「8」 大野雄の初勝利お預け、谷元が誤算

無断転載禁止
中日・大野雄大(C)Kyodo News
2020.07.24 18:00
中日ドラゴンズ 2 終了 5 阪神タイガース
ナゴヤドーム
● 中日 2 - 5 阪神 ○
<7回戦・ナゴヤドーム>

 阪神が1点を追う7回に一挙4点を奪い逆転勝ち。中日は阪神戦4連敗となり、借金は今季ワーストを更新する「8」となった。

 中日は2回、二死から下位打線で満塁の好機を作り、この試合1番に入った井領の中前2点適時打で先制。先発の大野雄は初回からピンチの連続だったが、5回をソロ被弾による1失点で凌ぎ今季初勝利の権利を得た。

 1点リードの6回から継投策に入ったが、7回を託された3番手の谷元が誤算。右腕は先頭の代打・近本を一ゴロに仕留めたものの、一死から3者連続四球を与え降板した。満塁で火消しを託された4番手の岡田だったが、2番・北條に左越えの適時二塁打を浴び走者一掃。2-4と一気に逆転されてしまった。この時点で大野雄の今季初勝利は消滅。岡田は続くサンズにも中前適時打を浴び5点目を失った。

 反撃したい打線は、7回の二死満塁、9回は一死一、二塁の好機を生かせず3回以降ゼロ行進。本拠地で手痛い逆転負けを喫し、谷元は今季初黒星を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西