ニュース

オリックス、楽天に3連勝で”混パ”演出 榊原今季初勝利、手堅く則本昂攻略!

無断転載禁止
楽天戦に先発したオリックス・榊原=楽天生命パーク
2020.07.24 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 2 終了 6 オリックス・バファローズ
楽天生命パーク
● 楽天 2 - 6 オリックス ○
<7回戦・楽天生命パーク>

 オリックスは今季3度目の3連勝。このカード3勝1分けとし早くも勝ち越しを決めた。日本ハムが敗れたため最下位も脱出。前日まで首位だった楽天とのゲーム差は3.5となった。

 3犠打を記録するなど、手堅い攻撃で楽天先発・則本昂を攻略した。初回、1番・山足が右前打で出塁すると、続く大城は投犠打。一死二塁とし、3番・吉田正が先制適時打を中前へ運んだ。5回も中越え二塁打を放った7番・若月を続く安達が送り、9番・西浦の中前適時打で2点目。7回は6番・西村の中越え二塁打のあと続く若月の叩きつける投ゴロで一死三塁とし、8番・安達が3点目となる中前適時打を放った。

 3-1と2点差に詰め寄られた8回も、大城、吉田正の連打で無死一、二塁とし、途中出場の小田がキッチリと犠打成功。一死二、三塁と好機を広げ、5番・ロドリゲスが左中間を破る2点適時二塁打を放った。これで則本昂をKO。代わった酒居から安達が右前適時打を放ちダメ押しの6点目を奪った。

 投げては先発の榊原が7回5安打1失点と好投。立ち上がりからテンポ良くアウトを重ね、今季4度目の先発で待望の初勝利(1敗)を手にした。

 楽天は投打とも振るわず引き分けを挟み3連敗。0.5ゲーム差だったソフトバンクに首位の座を奪われ、8回途中5失点の則本昂は2敗目(3勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西