ニュース

頭部死球のオリックス・大城は「頭部打撲」 脳震とうの症状はなく、きょうは宿舎で静養

無断転載禁止
頭部に死球を受け、倒れ込む大城 (C) Kyodo News

明日以降については「状態を確認しながら」


 オリックスの大城滉二選手(27)は26日、敵地・楽天生命パークで行われている楽天戦に「2番・二塁」で先発出場。初回の第1打席で頭部への死球を受け、そのまま負傷交代となった。






 楽天・藤平尚真の140キロの速球がヘルメットを直撃し、担架で運び出された大城。球団からはひとまず「意識はある」「会話できる状態」との報告がされ、すぐに病院へ向かったことが伝えられていたが、仙台市内の病院を受診した結果、『頭部打撲』との診断を受けたことが追加で発表された。

 なお、現在のところ脳震とうの症状などはなく、宿舎にて静養中とのこと。今後については、患部の状態を確認しながら、練習や試合への参加を判断していくという。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西