ニュース

日本ハム・宮西が史上17人目の700試合登板を達成!「誇りに思います」

無断転載禁止
日本ハム・宮西尚生
2020.07.29 18:00
北海道日本ハムファイターズ 6 終了 2 オリックス・バファローズ
札幌ドーム

右打者仕留めて345ホールド目


 日本ハムのリリーフ左腕・宮西尚生投手(35)が29日のオリックス戦で史上17人目となる通算700登板を達成した。

 宮西はチームが4-2と2点のリードを奪った直後の8回表に4番手として登板。先頭の7番・安達了一を投ゴロに打ち取ると、続く8番・若月健矢には7球目を左中間に跳ね返されて得点圏に走者を背負ったが、9番・佐野皓大を空振り三振に、1番・西村凌を三ゴロに仕留めて345ホールド目を記録し、700試合登板に華を添えた。

 1イニングを投げて23球とやや球数を要したが、右打者をしっかりと抑えてチームの勝利に貢献。試合後、お立ち台に上がった左腕は「700回もマウンドに立てたというのは誇りに思います」と笑顔を見せ、抑えられて「ホッとしました」と一言。今後の目標を問われると「701試合目の登板をしっかり抑えることです」と足元を見つめ直した。


13年連続50試合以上の登板へ


 2007年の大学生・社会人ドラフト3巡目で関西学院大から日本ハムに入団した宮西は、デビューイヤーからリリーフ陣の中心として活躍。2008年から12年連続で50試合以上の試合に登板し、NPB史上17人目、16位タイとなる700試合登板に到達した。

 今季は120試合制となるが、このままのペースでいけば13年連続の50試合登板も現実味を帯びてくる。ここから更に、どれだけの数字を積み重ねていくのか楽しみだ。




▼ 宮西の年度別登板数
08年:50登板(8ホールド)
09年:58登板(13ホールド)
10年:61登板(23ホールド)
11年:61登板(14ホールド)
12年:66登板(39ホールド)
13年:57登板(30ホールド)
14年:62登板(41ホールド)
15年:50登板(25ホールド)
16年:58登板(39ホールド)
17年:51登板(25ホールド)
18年:55登板(37ホールド)
19年:55登板(43ホールド)
20年:16登板(8ホールド)
――――――
通算:700登板(345ホールド)※29日現在
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西