ニュース

オリックスが球団社員のコロナ陽性を公表 NPB事務局に報告

無断転載禁止
京セラドーム大阪
 オリックスは31日、チームの管理部門に所属する球団社員が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと公表した。

 球団の発表によると、球団社員と同居する家族が26日に体調不良を訴え、翌日にPCR検査を受検し、29日に陽性と判定。当該社員は札幌遠征には帯同せず、27日にチームから自主隔離をした上で30日にPCR検査を受けたところ、30日夜に陽性と判定された。31日時点では本人の体調に異常はなく、新型コロナウイルス感染症の症状も出ていないとのこと。

 球団は「NPB新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」に従い、陽性者の発生についてNPB事務局に報告。保健所の指示により、社員は陰性と判定されるまで自宅待機としており、現在、保健所による濃厚接触者の特定を行っている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西