ニュース

谷繁氏がみた阪神・藤浪晋太郎

無断転載禁止
阪神・藤浪晋太郎
2020.08.05 18:00
阪神タイガース 1 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 1 - 4 巨人 ○
<6回戦・甲子園>

 阪神の藤浪晋太郎は今季初勝利を目指し、巨人戦に先発したが、8回、4安打、4失点で3敗目を喫した。

 藤浪は初回、先頭の若林晃弘を二ゴロ、坂本勇人を二邪飛、丸佳浩を二ゴロに打ち取り、三者凡退に抑える立ち上がり。MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、初回の投球に「ストライクゾーンの中に投げ込んで、ストライクゾーンのなかで打ち取る。こういう抑え方をすれば良いんですよ。良いところを狙おうとしているんですよ。そうではなくて、アバウトでいいんですよね」と話し、「若林、丸に対してインサイドのストレートが全部外にシュート回転してそれで打ち取っているんですよ。これで良いんです」と評価した。

 藤浪は3回に若林晃弘に適時打を打たれたが、力強いストレートを武器に5回まで1安打1失点に抑える。しかし6回に自身の失策から先頭の戸郷に出塁を許すと、岡本和真に2点適時二塁打、大城卓三に適時打で3失点。7回と8回も危なげなく三者凡退に抑え、失点したイニング以外は安定した投球を見せた。

 谷繁氏は藤浪について「今日ぐらいのピッチングをしてくれたら、十分でしょう」と評価。

 また谷繁氏は「コントロールの良いピッチャーは9分割。さらにコントロールが良くなると、もう一枠増えて、ボールも使いながら出し入れという風に分けていく。藤浪の場合は2分割でいいんですよ。アウトサイドかインサイド側。これでいいと思うんですよ」とアドバイスを送っていた。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM