ニュース

ソフトバンクの業務委託者が新型コロナウイルスの陽性判定…観客・チームとの接触はなし

濃厚接触者もなしと判断


 ソフトバンクは5日、主に福岡PayPayドームオフィスにて就業している業務委託者(福岡市内在住の30代男性)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。

 当該業務委託者に関しては、施設入場者および、チームと接触する機会のない部門に就業しているため、チームに与える影響はなく、予定通りの活動を継続することになる。また、7月26日以降の事務所への出社はなく、球団は事業所内での濃厚接触者はいないと判断している。

 本日時点では発熱(37.3度)と頭痛の症状があり、自宅待機中。所轄保健所の指示を待って対応するとのこと。4日夕方より微熱があり、就寝時には38度を超える発熱。5日起床時に37.3度の熱と頭痛症状があったため診察を受け、PCR検査受検後に陽性判定となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西