ニュース

中日、22イニングぶり得点も計3安打…連敗で借金「8」、柳3回KOで2敗目

無断転載禁止
中日・柳裕也
2020.08.05 18:00
横浜DeNAベイスターズ 8 終了 2 中日ドラゴンズ
横浜
○ DeNA 8 - 2 中日 ●
<8回戦・横浜>

 投打が噛み合ったDeNAが快勝。中日はこの日も打線が計3安打と沈黙し、2連敗で今季ワーストタイの借金「8」となった。

 中日は1日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)の8回、大島が2点適時打を放って以降、19イニング連続無得点。この日も初回の好機を逸するなど無得点イニングは「21」まで伸びたが、2点を追う3回、先頭の1番・井領が二塁内野安打で出塁したあと、続く大島が右翼線へ適時二塁打を放ち、22イニングぶりの得点を記録した。

 1点差に迫りなおも無死二塁の好機だったが、3番・堂上、続くビシエドが連続三振。5番・高橋も一ゴロに倒れ、一気に畳みかけることができなかった。

 復帰登板となった先発の柳は、3回途中7安打3失点(自責点2)で2敗目(1勝)。2番手以降の山本、ゴンサレス、谷元、濱田達の4投手も全員失点した。

 打線は4回以降、再び沈黙し、9回に京田が中前適時打を放ったが焼け石に水。「8番・左翼」でスタメン出場し途中から二塁の守備に入った根尾は、フル出場するも3打数無安打2三振。プロ初安打はまたもお預けとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西