ニュース

西武、松本が快投も逃げ切り失敗…楽天とドロー、3カード連続負け越し決定

無断転載禁止
西武・松本航
2020.08.15 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 3 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ
西武 3 - 3 楽天
<10回戦・メットライフ>

 延長10回で決着つかず、今季の特例により引き分け。西武は先発の松本が7回無失点の快投を披露したが、勝ちパターンが3点リードを守れなかった。

 西武は初回、二死から3番・外崎が左前適時打で出塁すると、続く山川が右中間を破る適時二塁打を放ち先制した。さらに、5番・メヒアが高々と左翼席へ運ぶ6号2ランを放ち3-0。メヒアは2戦連発で、このカードだけで5戦5発とした。

 先発の松本はここまで失点が目立っていた初回を3者凡退で終えると、3回まで無安打投球。4回は初被安打と四球で一死一、二塁としたが、6番・島内を三ゴロ、続く銀次は左飛に退けピンチ脱した。5回以降もテンポ良くアウトを重ね7回96球、1安打2奪三振無失点の快投で降板。このカードの直近4試合で28点を奪っていた楽天打線をしっかりと封じ込めた。

 西武は8回から継投に入ったが、2番手のギャレットが9番・辰己に来日初被弾を喫するなど2失点。1点リードの9回を託された増田も二死三塁から辰己に同点打を浴び試合を振り出しに戻された。

 打線は2回以降、好機を逸し続けゼロ行進。このカード1勝3敗1分けで3カード連続の負け越しが決まり、借金7は変わらずとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西