ニュース

巨人・戸郷が7回途中無失点で6勝目! 阪神は3試合連続完封負けで東京ドーム6連敗

無断転載禁止
巨人の戸郷翔征
2020.08.20 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 0 阪神タイガース
東京ドーム
○ 巨人 2 - 0 阪神 ●
<10回戦・東京ドーム>


 巨人が3連勝で首位固め。東京ドームでは今季開幕から阪神に負けなしの6連勝となった。

 巨人は阪神の先発・青柳晃洋の前に5回まで散発2安打も、6回にこの日昇格即スタメン起用された2番・重信慎之介が三塁打でチャンスメークし、3番・坂本勇人の犠飛で先制。

 投げては先発の戸郷翔征が毎回三振で自己最多の11奪三振と阪神打線を圧倒。90球を超えた7回に四球とヒットでピンチを招き降板したが、12試合連続無失点中の高梨雄平が見事な火消しでピンチ脱出。この日の戸郷は6回2/3(106球)を投げて、3安打、2四球、無失点という投球内容だった。

 8回は3番手・中川皓太がゼロに抑えると、直後の裏の攻撃で、ヒットで出塁した1番・松原聖弥を一塁に置き、3番・坂本が左中間を破る二塁打。この打球で一塁走者の松原が自慢の快足を飛ばして長駆ホームインし、貴重な追加点を挙げた。

 9回はルビー・デラロサが得点圏に走者を背負いながらも無失点で締めて今季5セーブ目。戸郷がセ・リーグ単独2位に立つ6勝目(2敗)を手にした。

 敗れた阪神は、青柳が6回1失点とゲームメイクするも、打線が4安打と元気なく、屈辱の3試合連続完封負け。16日・広島戦の2回から続く連続イニング無失点は36イニングまで伸び、開幕から続く東京ドームの連敗も「6」となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西