ニュース

ダルビッシュが7回1失点10Kと好投し、リーグトップの5勝目

無断転載禁止
カブス・ダルビッシュ投手
○ カブス 2 - 1 ホワイトソックス ●
<現地時間8月23日 リグリー・フィールド>

 カブスのダルビッシュ有投手が23日(日本時間24日)、本拠地で行われたホワイトソックス戦に今季6度目の先発登板。2回に本塁打を被弾して1点を失ったが、毎回の10奪三振で7回1失点と好投し、リーグトップの5勝目(1敗)を手にした。

 初回は併殺打もあり3人で片づける上々のスタートも、2回の先頭・アブレイユに本塁打を被弾。5回には2本のヒットで一死一二塁という場面もあったが、1番・アンダーソンを三ゴロ、2番・モンカダを空振り三振に仕留めた。

 その後、6回表を三者凡退に抑えると、その裏に4番・シュワバーの2ランで逆転。勝利投手の権利を得て迎えた7回もマウンドに上がると、3つのアウトを全て三振で奪うピッチングを披露し、7回103球、6安打10奪三振1失点という内容で降板。スコアは2-1のまま動かず、ダルビッシュは今季初登板で黒星を喫してから5連勝となった。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西