ニュース

楽天、鷹戦の連敗を5で止め再び5割 ドラ6瀧中が好投デビュー、浅村V打

無断転載禁止
楽天・瀧中瞭太
2020.09.19 18:00
オリックス・バファローズ 6 終了 3 埼玉西武ライオンズ
京セラD大阪
● ソフトバンク 1 - 3 楽天 ○
<17回戦・PayPayドーム>

 接戦を制した楽天はソフトバンク戦の連敗を5でストップ。勝率を再び5割に戻した。

 楽天はプロ初登板となったドラフト6位の先発・滝中が好投。首位を走るソフトバンク打線からテンポ良くアウトを重ね、6回途中5安打1失点の好投でマウンドを降りた。

 打線の援護が乏しくデビュー戦白星とはならなかったが、今後に期待を抱かせる好投。降板後、「やってきたことはできたと思います。緊張感はありましたけど、友達も観に来てくれてましたし、監督からは『初登板は最初で最後だから』と声をかけていただき、とにかく楽しもうと思って投げました。甘いボールもありましたけど、よく守ってもらいましたし、とにかくゲームを作れたことは良かったと思います。ただ、イニングの途中で降板になってしまったところは課題だと思うので、そういうところを修正していきたいです」と次戦を見据えた。

 打線は3回、2番・鈴木大の左前適時打で先制するも、一気に畳みかけられない重苦しい展開。同点の7回は3番・浅村の中前適時打で勝ち越し、9回は4番に入った茂木の中前打で3点目を加えたが、両イニングとも続く無死一、二塁の好機で追加点を奪えず課題を残した。

 投手陣は救援陣が無失点リレー。2番手の酒居が3勝目(1敗)、2点リードの9回を締めたブセニッツは12セーブ目(1勝1敗)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西