ニュース

オリックス山本、7回無失点の鷹封じで6勝目 防御率&奪三振のパ2冠キープ!

無断転載禁止
オリックス・山本由伸
2020.09.22 18:00
福岡ソフトバンクホークス 0 終了 1 オリックス・バファローズ
PayPayドーム
● ソフトバンク 0 - 1 オリックス ○
<19回戦・PayPayドーム>

 オリックスが完封勝ち。先発の山本由伸投手(22)が7回3安打無失点の好投で今季6勝目(3敗)を挙げた。

 山本は初回、一死一、二塁のピンチを招くも、4番・柳田を空振り三振、続くデスパイネを三ゴロに退け無失点スタート。3回も一死一、三塁のピンチだったが、3番・中村晃を二ゴロ併殺に仕留めゼロを刻んだ。中盤以降は150キロ台後半の真っ直ぐ、150キロに迫るフォークを軸にソフトバンク打線を寄せつけず。7回118球、3安打無失点、7奪三振2四球の快投でマウンドを降りた。

 打線は2回、4番・吉田正の右越え12号ソロで先制。得点は主砲の一発のみだったが、虎の子の1点を山本、ヒギンス、ディクソンの完封リレーで守り、ディクソンは10セーブ目(3敗)をマークした。

 山本はソフトバンク先発・千賀との今季4度目の投げ合いを制し、両右腕の直接対決は2勝2敗。リーグトップの防御率は2.63、奪三振数は109に伸ばし、勝利数も同トップの楽天・涌井(8勝)に2差とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西