ニュース

楽天のドラ1・小深田が誕生日前日にプロ初本塁打「しっかり捉えられた」

無断転載禁止
楽天・小深田大翔
2020.09.27 13:00
埼玉西武ライオンズ 6 終了 2 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ
西武 - 楽天
<17回戦・メットライフ>


 楽天のドラフト1位ルーキー・小深田大翔選手(24)が27日、敵地での西武戦に「1番・遊撃」で先発出場。第4打席に右翼席へ今季第1号となるソロホームランを放ち、これが嬉しいプロ初本塁打となった。

 4点ビハインドの7回二死走者なし、相手先発・松本航と対戦し、カウント3-1から真ん中高めの143キロを振り抜くと、大きな弧を描いた打球は右翼席フェンスを越えてプロ初ホームランとなった。

 「打ったのはストレートです。バッティングカウントで甘いストレートを狙ってました。そのストレートをしっかり捉えられて良かったです」と淡々と振り返ったドラ1ルーキーは、あす28日が25歳の誕生日。ビハインドの展開で飛び出した一発は、自身のバースデーを祝う前祝いの一発となった。

 小深田は神戸国際大学附高から近畿大、社会人の大阪ガスを経て、2019年のドラフト1位で入団。開幕当初は代走・守備固めでの出場が続いたが、7月4日に「1番・二塁」でプロ初のスタメン出場を果たすと、この試合前まで77試合に出場して打率.273、13盗塁をマーク。スピード感あふれるプレーで存在感を示していた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西