ニュース

5回のピンチを“0”に抑えた巨人・菅野に天谷氏「圧巻でした」

無断転載禁止
巨人・菅野智之 (C) Kyodo News
2020.09.29 18:00
広島東洋カープ 1 終了 6 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 6 巨人 ○
<16回戦・マツダスタジアム>

 巨人のエース・菅野智之が、開幕からの自身連勝を12に伸ばした。

 菅野は3-1の5回先頭の菊池涼介に三失、続く坂倉将吾に二塁打を打たれ無死二、三塁のピンチを招く。ここからが踏ん張るのが巨人のエースだ。1番・大盛穂をフォークで空振り三振、2番・田中広輔を150キロのストレートで空振り三振、3番・鈴木誠也を150キロのストレートで右飛に打ち取り、“0”で切り抜けた。

 29日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏は、5回の投球に「1、2番に対するピッチングは圧巻でしたよね」と絶賛。「大盛選手に関しては、おそらく1球目からイメージ通り三振が取れたのではないかなというピッチングでしたよね。田中選手もファウルにしか打てないコースに投げ込む菅野投手は、さすがの投球ですよね。(鈴木に対しても)菅野投手は警戒して2ボールになったあとストレートでいきましたけど、コースは間違えていないですし、より強さがありましたよね」と振り返った。

 直後の6回に2点を追加し、4点リードとなった6回は危なげなく三者凡退に抑え、この回を投げ終えたところで降板。菅野は6回、104球、4安打、9奪三振、1四球、1失点という投球内容だった。

 天谷氏はこの日の菅野の投球に「ギアのあげどころをしっかりわかっていますし、得点をしてもらったあとのピッチングですよね。そういうところを見ると開幕11連勝も頷けますよね。イレギュラーなシーズンのなかで、従来通りの力を発揮するエースではありますけど、さすがの一言ですよね」と称賛した。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM