ニュース

巨人・ウィーラーの好守備に天谷氏「満塁本塁打と同じくらい…」

無断転載禁止
巨人・ウィーラー(C) Kyodo News
2020.09.29 18:00
広島東洋カープ 1 終了 6 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 6 巨人 ○
<16回戦・マツダスタジアム>

 巨人の一塁・ウィーラーがガッツ溢れる超ファインプレーを見せた。

 5-1の7回一死満塁のピンチで、代打・メヒアが放った一塁ベース寄りの鋭い当たりに一塁・ウィーラーがダイビングキャッチ。素早く一塁を踏んでアウトにすると、すぐさまホームに送球し三塁走者の堂林翔太をタッチアウトにした。

 29日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏は、「素晴らしいプレーですね。おそらくウィーラー選手も捕るつもりで飛んだと思うんですけど、間一髪のところグローブに入れて、そのあとのベースを踏んでホームの送球も早かったですよね。満塁ホームランと同じくらいのビックプレーですね。あそこで抜けて2点入って、一死二、三塁で鈴木選手を迎える可能性があったわけですからね」とウィーラーの好守備を高く評価した。

 ウィーラーは打っても6回に26打席ぶりの安打となる適時二塁打を放ち、攻守で素晴らしい働きだった。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM