ニュース

田中将大、雨に苦しみ5回途中6失点…開始遅延&33分中断の初回に一挙4失点

無断転載禁止
インディアンスとのWCシリーズ第2戦に先発したヤンキース・田中

我慢の投球、試合は6-6の同点で後半戦へ


 ヤンキースの田中将大投手(31)が現地時間9月30日(日本時間10月1日)、敵地で行われているインディアンスとのワイルドカードシリーズ(2戦先勝・最大3試合制)第2戦に先発登板。打線の援護を受けたが悪天候にも苦しめられ、5回途中6失点で降板した。

 ヤンキースの先勝で迎えた第2戦。降雨予報のため試合は予定の43分遅れでプレーボールしたが、開始後に雨脚が強まった。田中は初回、先頭のリンドアを遊ゴロに退けたが、続く2番・ヘルナンデス、3番・ラミレスに連続二塁打を浴び失点。先制された直後に試合は中断した。

 33分後、一死二塁の場面から試合再開。田中は4番・サンタナを右飛に退け2つ目のアウトを奪ったが、5番・レイエスを歩かせ二死一、二塁としたあと、前日の第1戦で4打数4安打を記録していた6番・ネイラーに、右中間を真っ二つに破られる2点適時二塁打を浴びた。続くペレスにも痛烈な左前適時打を許し4失点目。初回だけで4本の長短打を集中された。

 直後の2回表、ヤンキースは5番・スタントンが、2戦連発となる右越えソロを放ち反撃開始。4回には、田中と同じく開始遅延と雨天中断に苦しんだインディアンス先発・カラスコから無死満塁の好機を作り、6番・ウルシェラがカラスコをリリーフした2番手・カリンチャクから、逆転となるグランドスラムを放った。

 田中は2回以降、持ち前の修正力を発揮。3回は先頭打者に四球を与えたが後続を落ち着いて3人斬り。逆転してもらった直後の4回は、セーフティーバントを狙った9番・デシールズの投ゴロを華麗なグラブトスで処理した。

 6-4と2点リードの5回、先頭のリンドアに右翼線二塁打を許すと、続くヘルナンデスに四球を与え降板。無死一、二塁でリリーフした2番手・グリーンが続くラミレスに同点となる2点適時二塁打を浴び、田中の登板成績は4回0/3(77球)で5安打6失点、3奪三振3四球となった。

 試合は6-6の同点で後半戦に突入。ヤンキースが勝利すれば地区シリーズ進出、インディアンスが勝利すれば1勝1敗のタイで決着は第3戦にもつれ込む。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西