ニュース

9月度「スカパー!サヨナラ賞」が発表 セ吉川尚、パ茂木ともに初受賞

無断転載禁止
巨人・吉川尚(右から2人目)=東京ドーム(C) Kyodo News

茂木は球団史上初弾


 日本野球機構(NPB)はセパ両リーグが制定する9月度の「スカパー!サヨナラ賞」を発表し、セ・リーグは巨人の吉川尚輝選手、パ・リーグは楽天の茂木栄五郎選手が受賞。両選手にはスカパーJSAT株式会社よりトロフィーと賞金30万円が贈られる。

 吉川尚は9月22日の広島戦(東京ドーム)、同点に追いつかれた直後の9回二死三塁の場面で、フランスアの3球目を右前へ。9月2度目のサヨナラ打でチームを勝利に導いた。巨人の選手が同賞を受賞するのは、2019年8月度の石川慎吾選手以来。吉川尚にとってはプロ入り後初めての受賞となった。

 茂木は9月11日の日本ハム戦(楽天生命パーク)、延長10回一死二塁の場面で、右翼席へ逆転サヨナラ2ランを放ち受賞。サヨナラ本塁打は2018年8月12日以来自身2本目だったが、延長戦での逆転サヨナラ弾は球団史上初。茂木にとっては球団史に名を刻んだ一発で、嬉しい初受賞となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西