ニュース

真中氏、今年のCSに「初戦から2位のチームも…」

無断転載禁止
ショウアップナイターの解説者を務める真中氏
 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル データでまるわかり!?プロ野球ポストシーズン』にショウアップナイターの解説者・真中満氏が出演し、パ・リーグのクライマックス・シリーズについて言及した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でプロ野球の公式戦は143試合から120試合に減少し、クライマックス・シリーズも2位と3位のファースト・ステージが行われず、今年のCSは1位と2位の対戦のみ。1位のチームに1勝のアドバンテージが与えられ、3勝先取の4戦勝負だ。

 真中氏は「2位と3位のファーストステージがない。2位と3位のファーストステージをやると、エース級の投手をファーストステージで投げる。やっと勝ってファイナルステージに進んだときは3番手、4番手の投手がいくから、1位通過のチームが有利。今年は初戦から2位のチームも、エース級をぶつけられる。そこはいつものCSと違うのかなと思いますね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM