ニュース 2020.11.04. 06:15

オリックスの“舞洲オールスターズ”が京セラD大阪で躍動!モヤもアピール弾2発

無断転載禁止
2020.11.03 18:00
オリックス・バファローズ 6 終了 3 東北楽天ゴールデンイーグルス
京セラD大阪

来季を見据えた起用法に


 若手を主体した“舞洲オールスターズ”の躍動と、残り試合で存在感を示したいモヤやT-岡田といった長距離砲の活躍により、オリックスが11安打の猛攻で楽天に快勝した。

 中嶋聡監督代行は3日、この日に昇格させた西浦颯大(21)、宜保翔(19)、そしてドラフト2位ルーキーの紅林弘太郎(18)といった、今季は主に二軍施設がある舞洲でプレーしていたフレッシュな面々をスタメンで起用。1番の佐野皓大が左打席で2安打を放つ活躍を見せれば、3番起用のモヤは2本塁打を含む3安打4打点の大暴れ。T-岡田も初回に「完璧だった」と振り返った16号2ランを放つなど、存在感を示した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 一軍デビュー戦となった紅林は、プロ初打席でいきなり初安打を記録。「先頭打者だったので、何も考えず思い切っていきました」と初打席を振り返った紅林は、このヒットで緊張が解れたのか、遊撃の守備でもいい動きを見せ、山崎福ら投手陣を救う場面もあった。

 先発の山﨑福也は5回2/3を投げ、被安打3、無失点で降板。その後を、吉田凌、K-鈴木、張奕、漆原大晟の若手投手陣でつないだ。吉田凌以外の3投手は1点ずつ失点したが、若い力とベテランが融合したオリックスが6-3で勝利し、山崎福がキャリアハイの5勝目を挙げた。「結果を残すことを頭に入れてマウンドに上がった」という山崎福は、「またまだ勝って、チームに貢献出来るよう来年も頑張ります」と、さらなる活躍をファンに約束した。


 野手陣、投手陣ともに来季を見据えた起用が目についたが、中嶋聡監督代行は「(選手の)幅を広げたい。どういうことが出来るのか? どういう先発のメンバーがいて、どういう中継ぎの数が広がるのか?どういう場面で投げられるのか?というのは、ある程度、いろんな目で見たほうが、選択肢が増えると思うので」と語り、選手たちの適正を見極めようとしていた。

 紅林については「あそこまで早く体が大きくなるとは思わなかった」と、二軍監督時代から見ていた選手の成長に目を細め、中継ぎ陣については、「1イニング抑えるピッチャーを考えて使っている」とした上で、「点は取られたんですけど、今のメンバーで、8回と9回はあの2人(張と漆原)だと思うので、それがどうハマっていくのかを見てみたい。張は先発の適正も持っているので、それがリリーフになったらどうなるのか見てみたかった」と、その意図を明らかにした。

 残り試合は“舞洲オールスターズ”に、T-岡田や安達了一、比嘉幹貴らベテラン勢で脇を固め、来シーズンの契約がかかったモヤ、ロドリゲスといった外国人がアピールしていくことになるだろう。CS進出に僅かな望みを残している楽天にとっては、厄介なチームが最後の壁となる。


文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西