ニュース

第3戦もソフトバンクが先制 中村晃が2ラン「しっかり捉えることができた」

無断転載禁止
ソフトバンク・中村晃
2020.11.24 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 0 読売ジャイアンツ
PayPayドーム

初回のピンチで先発・ムーアが踏ん張る


 ソフトバンクの2連勝で迎えた日本シリーズ。PayPayドームに場所を移した第3戦も日本シリーズ4連覇を目指すソフトバンクが先制した。

 ソフトバンクは1回表、遊撃・牧原の失策で無死二塁のピンチを招くも、先発・ムーアが踏ん張り無失点スタート。すると0-0で迎えた3回裏、二死から1番・周東が二塁内野安打と敵失で二塁へ進むと、2番・中村晃が巨人先発・サンチェスから右翼席へ着弾する2ランを放った。

 ソフトバンクは1、2戦目に続き3試合連続で先制。今シリーズ初アーチを放った背番号7は「打ったのはフォークです。追い込まれていましたが、甘く来た球をしっかり捉えることができました。3人で終わらずに、2アウトランナー無しから得点できたのはよかったです」と振り返った。

 連敗スタートの巨人は初回、無死二塁の好機を迎えたものの、2番・松原が送りバントを失敗したあと、3番・坂本は空振り三振、4番・岡本は遊ゴロと立て続けに凡退。絶好の先制機を逸し、2回まで好投していたサンチェスが3回に捕まった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西