ニュース

ソフトバンク、継投ノーノ―達成ならずも完勝王手 日本S記録更新の11連勝!

無断転載禁止
ソフトバンクのマット・ムーア
2020.11.24 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 0 読売ジャイアンツ
PayPayドーム
SMBC日本シリーズ2020・第3戦
○ ソフトバンク 4 - 0 巨人 ●
<11月24日・PayPayドーム>

 完封勝利のソフトバンクは第1戦から3連勝。2018年の第3戦から日本シリーズ最長記録を更新する11連勝とし、同シリーズ4連覇へ早くも王手をかけた。

 ソフトバンクは先発のムーアが快投。初回、遊撃・牧原の失策でいきなり無死二塁のピンチを招いたが、後続を退けバックのミスを救った。2回以降はテンポ良くアウトを重ねゼロ行進。5回と6回は四球と自らの失策で先頭打者の出塁を許したが、バックの好守にも助けられながら無失点どころか無安打投球を続けた。

 ムーアは7回93球、無安打無失点、5奪三振2四球の内容でお役御免。4点リードの8回は絶対的セットアッパーのモイネロが登板し、一死から連続四死球でピンチを招きながらも最後は連続三振斬りでバトンをつないだ。

 9回は守護神・森が登板。先頭の坂本、続く岡本を退け、日本シリーズ史上2度目となる継投でのノーヒットノーラン達成にあと1アウトとしたが、二死から5番・丸に中前打を許し大記録達成とはならなかった。それでも1安打での完封リレー。日本シリーズ初登板で初白星を手にしたムーアは、降板後「初めての日本シリーズ、楽しむことができました。自分の投球内容より、チームが勝つという事が一番大切なこと。リードしている状況を作れてよかった」と話した。

 打線は3回、二死から1番・周東が二塁内野安打と敵失で二塁へ進むと、2番・中村晃が巨人先発・サンチェスから右越え2ランを放ち先制。7回は中村晃の右前適時打、4番・グラシアルの右前適時打で2点を加えた。

 今シリーズ3連勝のソフトバンクは、広島に勝利した2018年の第3戦から日本シリーズ新記録の11連勝。ポストシーズンでも楽天に勝利した昨年のCSファーストステージ第2戦から怒涛の15連勝とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西