ニュース

“ミレニアム世代”のトップランナーへ!ロッテ・藤原恭大が新成人の誓い

無断転載禁止
ロッテ・藤原恭大 (C) Kyodo News

「期待に応えられるような飛躍の一年」に


 1月11日は成人の日。今年は2000年4月2日~2001年4月1日に生まれた方々がひとつの節目、晴れの日を迎えた。

 野球界で言うと、この世代と言えば第100回目の夏の甲子園で主力を張った選手たちの代。秋のドラフトでは大阪桐蔭の根尾昂(現・中日)や藤原恭大(現・ロッテ)、報徳学園の小園海斗(現・広島)に、金足農の吉田輝星(現・日本ハム)といった甲子園を沸かせた選手たちがドラフト1位でプロ入りを果たしている。


 ロッテの藤原は成人式には参加をしなかったものの、球団を通じてコメントを発表。

 「大人として、プロ野球選手として責任をもって、自覚を持った行動をしていかないといけないと改めて思いました」と気を引き締め、「今シーズンは昨年の経験をしっかりと生かし、ファンの皆様の期待に応えられるような飛躍の一年とし、チームの勝利に貢献出来るような選手となれるよう日々、精進してまいります」と意気込みを語った。


 藤原はプロ2年目の昨季終盤から徐々に出番を掴み、一軍で26試合に出場。プロ初アーチを含む3本塁打を記録して打率は.260。クライマックスシリーズにもスタメン出場を果たすなど、高いレベルで多くの経験を積んだ。

 “大人”として迎える2021年シーズン、自身の言葉の通りの「飛躍」、成長の跡を見せることができるだろうか。


藤原恭大・コメント


きょう、成人の日ということで
大人として、プロ野球選手として責任をもって、
自覚を持った行動をしていかないといけないと
改めて思いました。

プロ3年目の今シーズンは
昨年の経験をしっかりと生かし、
ファンの皆様の期待に応えられるような飛躍の一年とし、
チームの勝利に貢献出来るような選手となれるよう
日々、精進してまいります。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西