ニュース

昨季30歳以上の盗塁数パ最多の31 走れる“30代”がいるロッテ

無断転載禁止
ロッテ・荻野貴司[撮影日=2020年2月12日]

30歳以上の盗塁はパ最多


 マリーンズには“代走のスペシャリスト”として、昨季チームトップの23盗塁をマークした和田康士朗がいるが、中堅・ベテランといった30代の選手たちもまだまだ“走力”は負けていない。

 チーム2位・19盗塁の荻野貴司が半数以上の盗塁数を稼いでいるが、30歳以上のチーム盗塁数はパ・リーグトップの31。2位がオリックスの25盗塁、西武の22盗塁。昨季2桁盗塁を記録した選手はリーグで14人いたが、そのうち30代の選手は荻野、15盗塁の安達了一(オリックス)、14盗塁の金子侑司(西武)の3人で、2桁盗塁をマークした選手がいたロッテ、オリックス、西武が上位となっている。

 4位以降は楽天が15盗塁、ソフトバンクが14盗塁、日本ハムが4盗塁となっている。日本ハムだけ盗塁数が一桁だが、昨季30代の野手が4人しかいなかったことも大きく関係しているだろう。

▼ 昨季30代以上のパ・リーグ盗塁成績
1位 31盗塁 ロッテ
(荻野:19、マーティン:7、福田秀:3、角中:2)
2位 25盗塁 オリックス
3位 22盗塁 西武
4位 15盗塁 楽天
5位 14盗塁 ソフトバンク
6位 4盗塁 日本ハム

荻野が19盗塁


 昨年の10月で35歳となった荻野の“19盗塁”は非常にすごい数字だ。パ・リーグの盗塁ランキングを見ても、周東佑京(ソフトバンク)、西川遥輝(日本ハム)、和田、外崎修汰(西武)、佐野皓大(オリックス)と上位5人は“20代”の選手のなか、6位に荻野が入っている。7位の源田壮亮(西武)、8位の小深田大翔(楽天)も20代で、次に30代の選手が入ってくるのは9位の安達だった。

 荻野はルーキーイヤーの2010年から11年連続で2桁盗塁を記録し、17年から19年にかけて3年連続20盗塁以上。昨季は7月が終了した時点でリーグトップの12盗塁を記録するなど、故障で離脱していなければ20盗塁は間違いなくクリアしていただろう。19年にはシーズン自己最多の28盗塁と、30代に入っても走り続けている。シーズン中の試合前の練習では、「練習のときに疲れにくいようにするために(スパイクを)変えたりしています」と、武器である足を最大限に活かすための工夫を凝らす。

 荻野が半数以上の盗塁数を稼いではいるとはいえ、マーティン、福田秀平と“走れる30代”が多い。マーティンは昨年8月16日の日本ハム戦で、投手・バーヘイゲンのモーションが大きかったこともあり、三塁盗塁成功させた。ちなみに昨季7盗塁を決めているが、そのうち三盗は3つだった。

 ここに3月で30歳となる加藤翔平、7月で30歳となる岡大海も加わる。和田、藤原恭大、高部瑛斗といった走れる20代前半の選手もおり、走力という部分だけに焦点を当てると、チームバランスが非常に良い。チームとしては若手の台頭が待たれるが、今季も30代のチーム盗塁数はリーグトップになれるか注目だ。

文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西