ニュース

阪神のドラ1佐藤輝が衝撃弾含む4安打3打点! “開幕”へ期待膨らむ大暴れ

無断転載禁止
DeNAとの練習試合で2ランを放つ阪神・佐藤輝=宜野湾

ハマの一軍投手陣を捉えた!


 阪神の佐藤輝明選手(21)が18日、DeNAとの練習試合に「3番・三塁」先発出場し特大アーチを含む5打数4安打3打点の大暴れ。この日の宜野湾は「強風注意報」が発令されるほど風が吹き荒れていたが、旋風を巻き起こしつつある虎の大型新人が今春イチバンの活躍を見せた。

 初回、いきなり無死一二塁の好機で打席に入ると、昨季10勝を挙げた大貫晋一に対しカウント3-1からの速球を右線へ運び先制適時二塁打。第2打席はフルカウントから真ん中の速球を遊撃手の頭上に弾き返す中前打を放った。

 昨季ブレイクした右腕・平良拳太郎と対戦した5回の第3打席は1ボールから高めの球を捉えきれずに左飛に倒れたが、2-2の同点で迎えた7回二死一塁の第3打席は、武藤祐太が投じた変化球を強振し二塁強襲の内野安打に。二塁手・牧秀悟の後方をボールが転々とする間に佐藤は二塁を陥れ、一塁走者の木浪聖也も一気に勝ち越しのホームに滑り込んだ。

 そして衝撃だったのが9回の第5打席。二塁打で出塁した木浪を塁上に置いて、2年目右腕・伊勢大夢の変化球をカットしながらカウント1-2の7球目、高めの速球を振り抜くと、快音を残した打球は右中間に設置されているスコアボード越える“2号”特大2ランとなった。

 レギュラーシーズン開幕まで1カ月以上ある調整段階とはいえ、紅白戦も含めた計6試合で打率.500(22-11)と期待は膨らむばかり。主砲の大山悠輔がコンディション不良で別メニュー調整となっていることもあってか、ここ2試合は「3番・三塁」での先発起用が続いているが、ジェリー・サンズやジェフリー・マルテら助っ人も参戦するであろうオープン戦で矢野監督がどのようなオーダーを組むのか。開幕が近づくにつれて、ゴールデンルーキーの起用法に注目が集まることになりそうだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西