ニュース

DeNAのドラ1・入江が対外試合デビュー 先発して2回3失点

無断転載禁止
DeNAのドラフト1位ルーキー・入江大生

初回に連打で失点、2回には一発も被弾


 DeNAは20日、沖縄県宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾でロッテとの練習試合を実施。先発を任されたドラフト1位ルーキー・入江大生投手(22)は、予定の2回を投げて被安打3、2奪三振で3失点という内容だった。





 対外試合初登板となった期待の右腕は、先頭・藤原恭大を1球で中飛斬り。持ち味通り初球フルスイングの相手をボールの力で押し込むも、続く藤岡裕大には外寄りのまっすぐを弾き返され、三塁線突破の二塁打。一死からピンチを作る。

 すると、3番の中村奨吾には三遊間を破られ、二塁走者はホームへ。ここはカットマンが入って二塁進塁を狙った打者走者を刺すも、この間に藤岡が生還。連打で1点を失ってしまう。

 それでも、二死走者なしとなって4番の安田尚憲は中飛に打ち取り、これで3つ目のアウト。早々の失点にも乱れることなく、立ち上がりを最少失点で切り抜けた。


 その後、味方の少し長い攻撃を挟み、同点ではじまった2回は加藤翔平を1球で二ゴロ。切り替えてテンポ良く進みたいところだったが、続く菅野剛士に対しては制球が定まらず四球を与えてしまうと、吉田裕太には追い込んでからの速球が甘く入り、レフトスタンドまで運ばれる2ラン。手痛い一発を浴び、勝ち越しを許す。

 しかし、一死走者なしからの仕切り直しは佐藤都志也をフォークで空振り三振。この試合はじめての三振を奪うと、9番の山口航輝はカーブで見逃し三振。被弾を引きずることなく、打者2人を連続三振で仕留めた。


 初回は速球、2回は変化球を中心に組み立て、予定の2回を3失点。打者9人に対して被安打は3、与四球がひとつに三振は2つ。甘く入ったところを痛打されるシーンも目立ったが、腕を振って相手に立ち向かっていく投げっぷりの良さはこの日も目を引いた。

 これから実戦が増えていく中で、アピールを続けていくことができるか。今後も注目していきたい。


入江大生・プロフィール


ポジション:投手
投打:右投右打
生年月日:1998年8月26日(22歳)
身長・体重:187センチ・87キロ
出身地:栃木県
球歴:作新学院高-明治大-DeNA(20年・1位)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西