ニュース

広島・森下が今季初の対外試合で3回無失点 ドラ3大道は圧巻の三者連続三振

無断転載禁止
広島のドラフト3位ルーキー・大道温貴

昨季新人王は開幕へ順調アピール


 広島は阪神との練習試合(宜野座)に3-4で敗戦。打線に元気がなかった一方で、先発の森下暢仁は今季初めての対外試合で3回3安打無失点と好投。順調な調整ぶりをアピールした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回、二死走者なしからドラフト1位ルーキー・佐藤輝明に外角低めの速球を右中間に運ばれたものの、続く4番・陽川尚将を縦に割れるカーブで見三振に退けゼロ発進。2回は一死から髙山俊に左中間二塁打、3回は味方の失策も絡んで、3イニング連続で得点圏に走者を背負う格好になったが、いずれも後続を断ち無失点で切り抜けた。

6日間の期間限定! DAZNが2カ月無料に

 対外試合では今季初登板だったものの、低めにボール集める制球の良さは健在で、開幕へ向け状態の良さを示した。


リリーフ候補のルーキーが好投


 森下の後を受けた2番手・床田寛樹は、2イニング目となった5回途中に糸井嘉男に投じた1球目が死球となったところでトレーナーが駆け寄り、何らかのアクシデントで降板。開幕ローテ入りが期待される左腕はここまで順調な調整ぶり見せていたものの、この日は1回0/3を投げて被安打4、与四死球2で3失点(自責1)と精細を欠く内容。状態が心配される。

 それでも床田が残した走者を背負って緊急登板となったドラ2左腕・森浦大輔は、6番・髙山俊こそ四球で歩かせたが、続く原口文仁の中飛で二塁走者が飛び出し併殺、山本泰寛を遊ゴロに仕留めピンチを切り抜ける好リリーフ。窮地で巡ってきたチャンスで投げっぷりをアピールした。

 また、ルーキー組では7回に登板したドラ3・大道温貴も自慢の直球で三者連続三振と躍動。最速150キロをマークしたストレートはやや抜け気味だったが、鋭く曲がり落ちるスライダーとのコンビネーションが光る投球で、木浪聖也、髙山俊、原口を力で圧倒。ブルペンの即戦力候補として存分に持ち味を発揮した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西