ニュース

中日は対外試合3連敗も若竜キラリ 岡林が左腕攻略しマルチ安打

無断転載禁止
中日・岡林勇希
○ 巨人 4 - 3 中日 ●
<沖縄セルラースタジアム那覇>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日は巨人との接戦に敗れ、21日の日本ハム戦から対外試合3連敗。それでも「1番・中堅」で起用された岡林勇希がマルチ安打を放つなど若竜が見せ場をつくった。

6日間の期間限定! DAZNが2カ月無料に

 1点ビハインドの5回、一死走者なしから2年目の8番・郡司裕也が2番手左腕の髙橋優貴から左中間二塁打を放ち出塁すると、続く3年目の根尾昂が一二塁間を破る右前同点適時打。さらに本塁送球間に二進していた根尾は、1番・岡林勇希の左前安打で勝ち越しのホームに生還した。

 未来を担う若竜の逆転劇を飾った高卒2年目の岡林は「1番・中堅」で先発出場し、8回の第4打席にも戸根千明から左前安打を放ち5打数2安打。いずれも左腕を攻略してのマルチヒットで、開幕一軍入りへ好アピールを見せた。

 一方、投手陣では先発した5年目右腕・柳裕也が、梶谷隆幸や坂本勇人ら主力が並ぶ巨人打線に直球主体で5回を被安打8、失点3の内容。3番の丸佳浩、8番の炭谷銀仁朗を除く7人の打者から安打を浴び、いまだ調整段階とはいえ次回以降の登板に課題を残す結果となった。

 相手打線の選手が入れ替わった6回以降は、2番手の橋本侑樹、3番手の鈴木博志がそれぞれ三者凡退の好投で開幕一軍入りへアピール。しかし、同点の8回に登板した藤嶋健人が連打でピンチを招くと、松原聖弥の投直で三塁併殺を狙った送球が悪送球に。自らのエラーで決勝点を献上しチームは3連敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西